世界トップクラスの大動脈センター。専門チームによるトータルケア アプローチ

スタッフ紹介

▽詳細はこちら

経歴

1986年慶應義塾大学医学部卒業。同外科にて外科研修。
1990年慶應義塾大学大学院卒業。医学博士号取得。
都立清瀬小児病院、平塚市民病院、慶應義塾大学病院勤務、米国アラバマ大学心臓胸部外科クリニカルフェローを経て、
2006年慶應義塾大学医学部 外科学専任講師
2014年 慶應義塾大学医学部 外科学教授 心臓血管外科・診療科部長(現職)

主たる研究分野

大動脈疾患(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離等)の手術およびステントグラフト治療を担当している。
大動脈基部の病変に対しては、大動脈弁の性状によって自己弁温存手術(David法)を積極的に採用している。また弓部大動脈瘤に対しては、選択的脳灌流法による脳保護のもとに多数例の手術を行っている。胸腹部大動脈瘤に対しては、最大の合併症である脊髄障害予防のために脊髄冷却カテーテルを世界で初めて臨床応用するなど、さまざまな取り組みを行っている。いずれの疾患に対しても、治療成績はきわめて良好である。
また、急性大動脈解離、大動脈瘤破裂などの緊急手術も積極的に行っている。
胸部動脈瘤、腹部大動脈瘤に対するステントグラフトも数多く施行し、さらに治療困難例に対してはハイブリッド手術(ステントグラフトと手術の併用治療)も手掛けている。

主たる所属学会・学会活動

  • 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 脈管専門医
  • 日本胸部外科学会評議員
  • 日本心臓血管外科学会評議員
  • 日本血管外科学会評議員・理事
  • 日本脈管学会評議員・理事
  • 日本外科学会認定医・指導医・代議員
  • 日本胸部外科学会認定医・指導医
  • 腹部ステントグラフト実施医・指導医(Zenith、Excluder、EPL、Talent、Endurant)
  • 胸部ステントグラフト実施医・指導医(TAG、Talent、TX2、Valiant、Relay、Najuta)
  • 関連10学会構成日本ステントグラフト実施基準管理委員会 委員
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会FJCC(Fellow of the Japanese College of Cardiology)
  • 日本大動脈外科研究会 代表世話人
  • Japan MICS Summit  世話人
  • 日本経カテーテル心臓弁治療学会(JTVT)  理事
  • 日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会 幹事
  • Developing Academic Surgeon 15 世話人
  • 日本冠疾患学会
  • 日本心臓弁膜症学会
  • 日本外科系連合学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本小児外科学会
  • The Society of Thoracic Surgeons
  • European Society of Thoracic Surgeons
  • The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery

キーワード

胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離、ステントグラフト、脳保護、脊髄保護、自己弁温存基部置換、経カテーテル大動脈弁置換(TAVI)、心臓弁膜症、冠動脈疾患、先天性心疾患

▽詳細はこちら

経歴

1998年慶應義塾大学医学部医学科卒業。同外科にて外科研修
2001年~2005年慶應義塾大学心臓血管外科レジデント
2005年慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程所定単位取得退学
2005年Centre Cardio-Thoracique de Monaco, Clinical Fellow
2006年独立行政法人国立病院機構東京医療センター心臓血管外科医員
2008年Chiang Mai University, Clinical Fellow
2008年医学博士 慶應義塾大学
2009年独立行政法人国立病院機構東京医療センター心臓血管外科医員
2011年済生会横浜市東部病院心臓血管外科医長
2011年10月から外科学教室助教
2012年4月より現職

主たる研究分野

心臓血管外科成人全般を担当している。特に大動脈瘤や大動脈解離などの手術やステントグラフト治療を行っている。胸腹部大動脈瘤に対する脊髄保護の局所冷却法の開発に携わり世界で初めて臨床応用され良好な成績を得ている。

主たる所属学会・学会活動

  • 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科学会専門医・修練指導医
  • 日本胸部外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本脈管学会専門医
  • 日本脈管学会評議員
  • 腹部ステントグラフト実施医・指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医・指導医

受賞歴

刀林賞

「硬膜外局所冷却法の開発および脊髄保護効果の検討」(2007年)

キーワード

急性大動脈解離、胸部大動脈瘤、胸腹部大動脈瘤、ステントグラフト治療、脊髄保護

大動脈先進医療センターとは?

国内最大クラスの手術実績をもつ世界トップクラスの大動脈センター専門チームが、24時間対応・他科連携で高水準の治療を提供します。

チームスタッフ紹介

当院大動脈センターは、こちら国内外トップクラスの心臓血管外科メンバーを中心として、循環器内科、放射線科、救急部、リハビリ科、麻酔科、臨床工学技師などとの他診療科連携からなる専門チームが診療に全力を尽くしています。

専門外来のご案内

大動脈センター専門外来のご紹介です。もちろん心臓血管外科外来をはじめ、関連診療科外来でも随時ご相談を受け付けております。気軽にお声掛けください。

慶應義塾大学病院 大動脈先進医療センター
Keio University School of Medicine Advanced Aortic Medical Center

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208、心臓血管外科当直医PHS:070-6587-0114