世界トップクラスの大動脈センター。専門チームによるトータルケア アプローチ

大動脈解離

だいどうみゃくかいり

概要

 大動脈解離とは、大動脈壁の中に血液が進入して、大動脈壁が内外二層に離開された状態をいいます。ひとたび大動脈壁の中に血液が進入すると、多くの場合、きわめて短時間に大動脈の広い範囲に解離が広がっていきます。
特に大動脈解離の発症直後は生命がきわめて危険にさらされているわけですが、病状が安定しない2週間目までの危険な時期は急性期とよばれています。

 急性大動脈解離は破裂やさまざまな臓器の血流障害が高い確率でおこります。多くは胸背部の激痛を伴って発症し、意識消失を伴う場合もあります。

治療

 心臓の近くの上行大動脈に解離が存在するStanford A型大動脈解離(以下A型解離)(図1)は破裂、心筋梗塞、急性心不全などの致命的な合併症がおきる可能性が特に高いため、原則として緊急手術が必要です。一方、上行大動脈に解離がないStanford B型大動脈解離は、発症直後には手術を行わずに厳重な血圧コントロールを行うことが原則です。

いずれにしても、急性期には状態が急変したり手術が必要になる可能性があり、心臓血管外科医が対応できる病院での治療が必要です。
発症から十分な時間が経過した慢性大動脈解離の患者さんは、外来で降圧療法を中心とした治療が行われます。

動脈硬化による胸部大動脈瘤と同様、定期的な画像検査で解離した大動脈の大きさの変化をフォローアップして、瘤径が大きくなった場合にはその時点で手術が検討されます。

図1:A型大動脈解離の3D-CT画像。下半分の茶色い部分が心臓。大動脈(上半分の円筒形の部分)内にフラップ(赤矢印で示した曲線)を認めると、大動脈解離と診断されます。曲線より向かって左側が本来の血管腔(真腔)で、フラップの外側の真腔をとりまく部分が新たにできた血流腔(偽腔)です。解離が冠動脈(水色矢印)に及び心筋梗塞を合併する場合もあります。

大動脈基部疾患

大動脈基部は大動脈弁とその周辺の大動脈を指します。基部疾患としては、大動脈基部が拡張して起こる大動脈弁閉鎖不全症、また、大動脈弁の周りが拡張する大動脈弁輪拡張症などがあります……

大動脈瘤

大動脈瘤、よく聞きますが実際どんな病気でしょう?多くの場合破裂するまでは症状がありませんが、破裂すると直ちに命にかかわる状態に。そのため破裂前に早期発見・治療が……

Marfan症候群

Marfan症候群とは?当院・当センターは非常に良好な手術成績があります。特に、若い患者さんが多いので、大動脈基部の手術の際にはできるだけ自己弁を温存した手術(自己弁温存基部置換術;David手術)をおこなうようにしております……

大動脈解離

大動脈解離とは、大動脈壁の中に血液が進入して、大動脈壁が内外二層に離開された状態をいいます。ひとたび大動脈壁の中に血液が進入すると、多くの場合、きわめて短時間に大動脈の広い範囲に解離が広がっていきます。特に大動脈解離の発症直後は……

慶應義塾大学病院 大動脈先進医療センター
Keio University School of Medicine Advanced Aortic Medical Center

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地
TEL: 03-3353-1211(代表) FAX: 03-5379-3034(直通)
夜間休日連絡先 夜間受付電話番号:03-3353-1208、心臓血管外科当直医PHS:070-6587-0114